経鼻 胃・食道内視鏡

問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

診療メニュー

内科

小児科

消化器内科

外科

リハビリテーション科

経鼻 胃・食道内視鏡

禁煙外来

エイジングケア外来

乳腺外来

甲状腺外来

更年期障害

月経前症候群(PMS)

花粉症外来

健康診断・人間ドック

各種予防接種

血管年齢・肺年齢・骨年齢

ピアス穴あけ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

在宅医療(訪問診療)

産業医

QRコードで簡単アクセス

院長がお答えします 御相談、お問い合わせはこちら

患者の気持ち

食道・胃内視鏡検査(胃カメラ)とは

胃がんをはじめ、食道・胃の疾患を調べる有効な検査の食道・胃内視鏡検査は通称「胃カメラ」とされています。
内視鏡を口から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行います。
内視鏡は非常に細いので、苦痛も少なく検査を受ける事ができます。今までの経験を生かし、丁寧でやさしい診療を行っていきます。

なお、当院の内視鏡検査は完全予約制にて行っております。お気軽にご相談ください。

胃カメラ検査で分かる疾患とは?

胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった疾患の診断・検査に有効です。


こんな症状があったら検査をおすすめします
・胸やけ
・呑酸(酸が込み上げる)
・げっぷ
・胃もたれ
・胃の痛み
・吐き気
・食欲低下
・体重減少

検査の重要性

内視鏡検査は、食道や胃の病気の早期発見に有効な検査方法のひとつとして重要な役割を果しています。


内視鏡検査は、過去に辛くて苦しいと体感された方もおられると思いますが、現在の内視鏡技術は格段に進歩しています。苦痛も少なく、より精密な検査を行う事が可能となっています。

鼻から入れる胃カメラ

口からの胃カメラ検査はのどの奥にある舌のつけ根に内視鏡が触れるため、吐き気をおこす場合があります。
鼻から入れる胃カメラでは内視鏡が舌のつけ根に触れずに食道に入って胃に到達しますので、吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。

検査の流れ

1.受付(新患申込書・問診票記入)

看護師の指示に従ってご記入下さい。分からない事などございましたら、お気軽にお尋ね下さい。


2.診察

検査前に、院長が診察を行います。検査を行うにあたり問題がないかを確認します。
また、検査前処置や検査方法など、検査完了までの流れを説明します。
予約をしていただき、検査日を確定します。


3.検査前処置

(1) 鼻腔を広げる薬を散布します。
(2) 消泡剤を飲みます。
(3) 鼻に麻酔を塗布します。


4.検査

内視鏡(胃カメラ)検査を行います。力を抜いて楽な姿勢で受けて下さい。
検査は5~10分で終わります。


5.休憩

検査が終わって身支度を整えたら、ゆっくり休んでください。気分が悪い時は、すぐ看護師に伝えて下さい。看護師より検査後の注意事項の説明があります。


6.検査結果説明

画像をご確認頂きながら検査結果の説明を行います。