睡眠時無呼吸症候群(SAS)

問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

問診票ダウンロード

診療メニュー

内科

小児科

消化器内科

外科

リハビリテーション科

経鼻 胃・食道内視鏡

禁煙外来

エイジングケア外来

乳腺外来

甲状腺外来

更年期障害

月経前症候群(PMS)

花粉症外来

健康診断・人間ドック

各種予防接種

血管年齢・肺年齢・骨年齢

ピアス穴あけ

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

在宅医療(訪問診療)

産業医

QRコードで簡単アクセス

院長がお答えします 御相談、お問い合わせはこちら

患者の気持ち

家族や友人から睡眠中のいびきや、呼吸が止まっていると指摘されたことはありませんか? もしそうであれば、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の可能性を考えてみて下さい。

サプリメントについて

睡眠時無呼吸症候群とは、文字通り「睡眠時」に「無呼吸」を起こす病気です。英語(Sleep Apnea Syndrome)の頭文字をとって「SAS」と略すことがあります。

SASの定義は「一晩7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上おこる」または「睡眠1時間あたりの無呼吸数や低呼吸数が5回以上の場合」とされています。

日本人の2~4%、約240万人がSASにかかっていると言われていて、とても身近な病気です。

原因は様々ですが、気道(空気の通り道)が閉塞してしまうことが大きな要因として考えられています。

高血圧や糖尿病などの生活習慣を患っている方では、さらに高い率でSASを合併していることが分かっています。特に、薬が効かない高血圧(薬剤抵抗性高血圧)の方では、約80%の方がSASを合併しており、SASは薬が効かない高血圧症の一因として考えられています。

とても重要な病気ですが、睡眠中のことですのでご自身では気づきにくいのがSASの特徴です。

 

※全日本トラック協会の助成制度指定クリニックです。
当クリニックは、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査にて
全日本トラック協会の助成制度の指定を受けた医療機関です。
トラック協会会員の皆様や、トラック運転手の皆様はお気軽にお問い合わせください。

こんな症状のときはご相談ください

甲状線ホルモンと病気

■睡眠中

  • いびきをかく
  • 息が止まる
  • 息が苦しくて目が覚める
  • 呼吸が乱れる
  • 何度も目を覚まし、トイレに行く

■日中(起きているとき)

  • しばしば居眠りをする
  • 記憶力や集中力が低下する
  • 体を動かすときに息切れする
  • 性欲がなくなる
  • 性格が変化する

簡易検査PSG(1泊2日でレンタル)

携帯用の簡易型検査装置にて、睡眠の質や睡眠中の呼吸状態を調べる終夜睡眠ポリグラフィー検査(Polysomnography)を自宅で行う事が可能です。

治療法について CPAPなど

まずは減量、飲酒や睡眠導入剤の制限、禁煙など、生活習慣の改善から始まります。 さらにその上で、必要な方にはCPAP(Continuous Positive Airway Pressure:持続陽圧呼吸)療法をおすすめします。


※CPAP療法

図のように鼻マスクをつけ、枕元においた小型機械から鼻を介して気道に空気を送り込み、閉塞した気道を開放してあげるものです。
ほかには、マウスピース療法や耳鼻咽喉科的手術療法などもあります。